いい人間関係のヒント

事例・体験

能動的な聞き方
辛い気持ちが晴れやかに三重県(長男7歳)

【状況】

近所の息子の同級生から「僕はきらわれものなんだ」と息子が言っていたと聞く。

私:
「Y、僕はきらわれものだって言ってたんだって」
息子:
「うん。だって学校でA君とB君とそれからC君も僕にチビ、チビ、バカって言ってくるんだ」
私:
「そう、それはすごく辛いことだね」
息子:
「うん、それで僕知らんふりして通りすごすんだ」
私:
「言われてもぐっとがまんするのね」
息子:
「うん、お母さんこんな時どうしたらいい?」
私:
「どうしたらいいか悩んでいるのね」
息子:
「うん、何かいい方法はないかなぁ」
私:
「ねぇねぇ、相手の子に言い返すとか、ケンカするとか」
息子:
「アハハ、それじゃあ先生にまで叱られて、1日中悲しい気分になるからだめだよ」
私:
「ケンカは嫌なのね。そうか、それはとっても辛いね」
息子:
「うーん、とってもって言う程ではなくて、ちょっと辛いくらいかな」
私:
「ああ、すごくと言う程ではなくて、ちょっぴりだけ辛いんだね」
息子:
「うん、それにチビでもいいことはあるし、学校でも又いいことがあるかもしれないね」

感想

このあと息子は「お母さんと話して、辛いことがなんだかはしゃいだあとの楽しい気分になっちゃった」と笑っていました。自分の気持ちを理解してもらえると、気持ちが晴れやかになるのですね。

ページトップへ

ヒューマンリレーションニュース

「会員サイト」(会員専用)にて内容を掲載しています。次号は2023年春号(2023/3/1発行)です。

会員研修 ゴードンメソッド講演会 親業入門講座 教師学事例研究会 看護ふれあい学研究会 GTI公式オンライン・ブッククラブ