いい人間関係のヒント

事例・体験

能動的な聞き方
夫の仕事の悩みに耳を傾けたら埼玉県(夫50歳)

【状況】

会社で、リストラをめぐって組合側と対立が続いているといい、最近とても疲れている。帰宅後、不機嫌な様子で深いため息をついていたので、とにかく聞こうと思った。

夫:
「もうやっていられないよ」
私:
「なんだか、今日もすごく大変だったみたいね」
夫:
「うん、まあね。あいつらは自分のことしか考えていないんだ」
私:
「そう・・・。自分たちの立場ばかり言ってくるのね」
夫:
「やるべきことをやらないで、文句ばかり・・・・・・。乗っている船が沈んだら、自分だって危なくなるのに、全くわかっていないんだ」
私:
「会社がギリギリの状況だということ、わかってくれないのね」
夫:
「そうなんだ。責任をとれだとか、訴えてやるだとか。もう勝手にしてくれと言いたくなる」
私:
「そんなことを・・・・・・」

―こんなやりとりが続いた後―

夫:
「まあでもね、抵抗しているのは一部の人間ではあるし・・・・・・。こういうことは、性急に進めてもうまくいかないんだよね」

感想

以前は、つらい状況から早く抜け出させたくてあれこれ言い、かえって感情的にこじれてしまうことがよくあった。今日は「助けることはひたすら聞くこと」と心の中で唱えながら聞いていた。鬱積した思いを吐き出した後、夫は自分の気持ちを立て直すことができたようだった。聞くことに徹していると、夫の立場の大変さ、つらさが伝わってきて、思わず「ごくろうさま」と言いたくなった。

ページトップへ

ヒューマンリレーションニュース

「会員サイト」(会員専用)にて内容を掲載しています。次号は2023年春号(2023/3/1発行)です。

会員研修 ゴードンメソッド講演会 親業入門講座 教師学事例研究会 看護ふれあい学研究会 GTI公式オンライン・ブッククラブ