いい人間関係のヒント

事例・体験

わたしメッセージ
上司からの依頼を勇気をもって断る広島県(課長47歳 男)

【状況】

自他ともに認める几帳面な性格。短気で、とにかく早く早く準備しておかないと、イライラする。 私が急ぐときに限って、仕事を突然言いつけられることが多く、断りきれなくて困っていた。

課長:
「迫田さん、今夜使うスライドの点検を今からしてくれないか」
私:
「今すぐにするのですね。急いでおられるのですね」
課長:
「そうだ。私が出かける前に試写しておきたいのだが」
私:
「夜あわてなくてもいいようにしておきたいのですね。でも私は、訪問先の方と時間を約束しているので、今はできません」
課長:
「今、時間が取れないのか!夜うまくいかなかったら、どうするのか!」
私:
「課長さんは、夜皆さんの前で失敗するのを心配しているんですね」
課長:
「そうだよ。先生に悪いし、町会議員も来るのに・・・・・・」
私:
「相手の方に迷惑をかけたり、ご自分が恥をかくのがいやなのですね。でも私も、待っている方に迷惑をかけたり、信頼を裏切ったりしたくありません。訪問から帰り次第点検をしますので、今はできません。時間をかけてちゃんとしたいと思います」
課長:
「わかった。じゃあ早めに帰ってくるから、頼むよ」

感想

とても強引なので、怒らせてしまうと夜の仕事にひびくので、あきらめようかなと思ったが、勇気を出してメッセージを伝えた。イエスマンの私ではないので、面食らっていたようだが、わかってもらえたと思う。夜は仕事がうまくいった。

ページトップへ

ヒューマンリレーションニュース

「会員サイト」(会員専用)にて内容を掲載しています。次号は2023年春号(2023/3/1発行)です。

会員研修 ゴードンメソッド講演会 親業入門講座 教師学事例研究会 看護ふれあい学研究会 GTI公式オンライン・ブッククラブ