いい人間関係のヒント

事例・体験

わたしメッセージ
友人との付き合いで無理をしたくない広島県(友人Mさん30歳代 女)

【状況】

デパートに買い物に行こうと誘われた。友人の買い物は、何時もあれこれと迷うので、とても時間がかかる。その日わたしは、4時から仕事があり、夜7時からは子ども会の役員会があるため、昼間のうちに夕食を作っておきたい。

私:
「買い物には行きたいけど、私は今夜7時から子ども会の役員会があるので、昼間に夕食の準備をしておきたいの。遅くても午後1時までには家に帰りたいの。それでよかったら、買い物に付き合えるのだけど」
M:
「今日は私も、そんなにゆっくりと買い物していられないから、いいわよ」
私:
「もし買い物が長びくようなら、いいからゆっくりしてね。そのときには、私先に帰るからね」

感想

私の予定を先に伝えて、その時間でなら買い物を一緒にすることができることを伝えておくと、買い物中でもイライラしなくてすんだ。ズルズルと相手にあわせて、後で忙しく疲れた思いをしないでよかった。彼女との付き合いの中で、私自身無理をしていることに気が付いた。今度は、彼女が時間にルーズなことに対し、私は非受容だと伝えようと思う。自分の不愉快な気持ちが少し整理できて、明るい気分になった。

ページトップへ

ヒューマンリレーションニュース

「会員サイト」(会員専用)にて内容を掲載しています。次号は2023年春号(2023/3/1発行)です。

会員研修 ゴードンメソッド講演会 親業入門講座 教師学事例研究会 看護ふれあい学研究会 GTI公式オンライン・ブッククラブ